ボイジャーで歴代年号を読む…

おはようございます!
いよいよ本日は、新元号発表の日ですね^^
今日のメッセージは、元号と日本の流れをお題にしてカードを引いてみました。
◆江戸  Master マスター
自分の仕事を、手を抜くことせずに最後まで仕上げる女性の達人がカードに写っています。自分のやるべき事を手抜きせずにやり、次の世代へ繋ぐ。そんな時代がうかがえます。
◆明治 Nurturing  養育
あらゆる仕組みが変わり、激動なイメージがある明治の世ですが、カードでは「養育」が出ました。
愛情をこめて育て上げる過程を表します。
自分自身を愛し、根気よく育てる。
みんなで育てていこうという声が聞こえてきそうです。また、このカードは個人を表しますので、個人の目覚めもうかがえます。
◆大正 Reflection 内省
大正時代といえば第1次世界大戦、米騒動、関東大震災が起きた時代。
カードのように生活のリズムがとまり、凍りつくことが多かったのでしょうか。
内省は女性性の目覚めでもあります。この時代は女性が動き出した時代でもありました。
◆昭和 Priestess 女教皇
大戦、終戦と暗い影を落とした日本。
戦後の昭和を生きた私たちの親や祖父母世代は、「日本で生きる私たちが本当に必要としているもの」は何か考え、それを実際に形にして作り出し、それが新しい日本の文化を生み出しました。
今何か必要なのか、全体性を見る目は愛情で溢れていたでしょう。
◆平成 Tower タワー
出ました、タワーが出ました。
タワーで読むと、平成とは、個人の価値観を全く新しい目線で生み出された時代でした。新しいものが出たと思うと、また新しいものが出る。
バブルの崩壊も、まさにタワーらしい出来事ですね。
どんどん新しいものが生み出され続けていくのは、様々な視点や価値観がある証拠でもあるし、これがまた新たな視点や価値観を生み出すものとなりました。循環が循環を呼ぶと、全く新しい進化したものが生まれる、コラボも目立つ時代でした。
◆新元号
Death 死、再生
Rejoicer 喜ぶ女性
Learner 学ぶ子ども
新元号はまだ何か分からないけれど、
何か大きな変動がありそうです。仕組みが大きく変わり、暮らし方そのものが変わりそうな予感。
そして女性が活躍しそう。女性性の目覚めが日本に躍動感を与えるでしょう。
私たち一人一人が自分の価値観を自由に使いこなして、自分らしい生き方で生きていける時代になりそうです。
★インド占星術では、木星が射手座入りしました。
あの世とこの世が合体したような、モヤモヤしたさそり座の中で自分の世界観は何だろう?と学んだ木星が、「世界に向かって現実的に放つ」射手座に移行しました。
このタイミングで、私たちは自分の世界観や価値観が、どんどん生活に現れてきます。
新元号発表もまた、木星が射手座入りしたタイミングなのも納得ですね。
………
もうすぐ元号発表ベル
私のまわりでも、予想が盛り上がっています。
私もリーディングしてみました!
どうだろうか…わくわくキラキラ

・インド占星術個人セッション、遠隔ヒーリングを再開しました。

インド占星術個人セッション詳細→

遠隔ヒーリング詳細→

 

Follow me!