【インド占星術】9月23日秋分

今日23日は秋分の日です。そしてお彼岸の中日。

インド占星術のホロスコープでは、月はふたご座で秋分を迎えました。

3月に始めたこと、計画していたことが何らかの形で収穫するタイミングですが、秋分のホロスコープを見ると、けっこう浄化作用が強そうなインパクトがあります。

浄化作用がさほど無い方にとっては、いわゆるスピリチュアルな用語でしか表現できないのだけど、意識の世界が全体的にアップデートされて、よりクリエイティブな喜びを持って次のステージに行くときです。

今現在の空の向こうでは、逆行終わったばかりの土星の満月の状態です。

そしてラーフケートゥ軸に重なっています。(ラーフとケートゥとは、太陽の軌道と月の軌道の交差ポイントです)

今年、自分の土星(頑張るとか、努力とか、プレッシャーとか、我慢とか、訓練とか、修行とか、ベースとか、積み重ねてきたこととか、基礎とか、基盤とか、方針とか)と嫌というほど向き合わされた方々にとっては、この秋分を境に落ちついてきそうな感じです。

そして、春から一貫して(いるように感じるのは)

人間関係の中での自分の価値

にテーマが当たってきたように個人的に感じています。

自己価値、自己信頼、他の人からの評価、他の人との信頼  etc…

人と自分がどの様な信頼関係を築いてきたか

人間関係の基盤(人との信頼の築き方)を見直す

と、そこにフォーカスしてきたようにも個人的に感じます。それが新しい社会へと繋がるイメージ。

そこにはここ半年の中で何か方向転換があったり、決断があったり、決別があったり、病気が発覚したり、、、人それぞれに何かの変化はあったように思います。

ふんわり言えば運命的な半年、スピな感じで言えばカルマが発動した半年(※カルマには良い悪いの判断はありません)。

 

そう言ってる今現在の自分の思いというものも、未来の何かを作っていますし、過去の何かをつくっています。

ものすごく浄化作用が強くって、お彼岸でもある今年の秋分。

生もある、死もある。

光を吸収する闇もある、影を照らす光もある。

すべてがあって、ひとつになります。

人のために頑張ってきたことが耐えられなくなって、人のために頑張ることをやめたとき

人から評価されなくても、自分は大丈夫なんだってことに気づきます。

そして、自分も人を評価してきたことに気づきます。

例えばネガティヴとポジティブの板挟みに耐えられなくなって、どちらかに逃げ込んだとしたら

この半年は、どちらも自分だということに気づいたかもしれません。

全部があって、自分なのです。

その「全部があって、自分」が笑ったら。

誰かに笑いかけたら。

世界はものすごく変わると思います。

この秋分のホロスコープは、「相手を喜ばせたい」「みんなのためになる方向への移行」

というメッセージで溢れています。

そこには期待や見返りが全く無い。

「相手を喜ばせたい」「みんなのためになる方向への移行」

と聞いて、ザワザワする方は…

その奥にある感情が、解放されようとしています。

Follow me!