2月12日 新月

2月12日 4:06 山羊座新月

インド占星術の読み方では、月は山羊座で新月を迎えました。

西洋占星術では水瓶座の新月ですが、インド占星術の読み方では山羊座新月です。

チャートの山羊座エリアには

  • 太陽
  • 水星
  • 金星
  • 土星
  • 木星
  • 冥王星

が密集しています。

技法の一つになるのですが、ラーフケートゥの位置から山羊座を見て、今は「運命的なことが起きやすい」タイミングです。

山羊座に惑星たちが揃っていて、尚且つ金星と木星が完全にコンジャンクションしていることから

「行くべきところへ行く」「起こるべきことが起きる」ことがわかります。

抗うことのできない、抵抗することができない。それはブラックホールの吸い込みに身を任せて、どこにポンッと抜けるかわからないような。

けれどそれが、実は人生においてすごく大事な場面であったことが、後になってわかるのかもしfれません。

いずれにせよ、自分自身のことであったり、自分の属する組織だったり、社会だったり、そこの空気感みたいなところが、ゆ〜っくり、じわじわと変わっていって

収まるところへ収まる、、、そこへ向かう「折り返し地点」みたいなタイミングかもしれません。

ラーフケートゥの位置からは、引き続き「自分軸の確立を」「どこに立ってバランスを取る?」と

「在り方」をあなたに自分で決めるように促してきます。

また火星の位置から、ちょっと火のエネルギーが強めなので
ちょっとした怪我に注意だったり、イライラや口喧嘩が増えるかもしれません。

火星は出生ホロスコープの状態から、強弱がわかるのですが
火星が強い方は、怪我やイライラは起きやすいのかも。

けれど今の火星の位置は、「新しいエネルギーに刷新させる」ということも起きていますので

起爆剤というか、なくてはならない大切なエネルギーです。

「自分自身に納得がいかない!」「私何やってんのよ!」みたいに、自分を変えたい!と思わせることもあるかもしれません。

新月は始まりのエネルギーが強いですが、新月の配置から、新しいことに挑戦したり、新しい自分に向かわせるきっかけが何か起きるかもしえませんね。

その場合は、「目的意識」をはっきりさせること、それを宣言することで、協力者に恵まれる可能性が高いです。

 

 

Follow me!