3月13日 新月

3月13日 19:21  水瓶座の新月です。

インド占星術の読み方では、月は水瓶座28度54分で新月を迎えます。

西洋占星術では魚座の新月ですが、インド占星術では水瓶座の新月。

水瓶座のエリアには

・月、太陽(新月)

・海王星

・金星

・水星

があり、結構な密です。

水瓶座の支配星は天王星。天王星は古い決まり事を破る、革命的な破壊をもたらします。
その天王星は現在牡羊座にあり、ナクシャトラ(星宿)では「意図・目的を持つことで粘り強く達成させる」というキーワードを持ちます。

新月と天王星の位置関係においても、私たちは明らかな意図や目的を持つことで、実際に取り組む、チャレンジするという配置を組んでいます。
季節的にも春を迎えるタイミングですが、去年自分が取り組んできた・開拓してきたことが元になっていて、それらを本格的に始めたり、具体的に起こしていくタイミングになります。

新月の度数が28度という、次の星座へ移行する数字ではあるのですが、今現在の木星の位置もまた、山羊座の25度という後半にあります。木星は4月6日に山羊座から水瓶座へ移動します。
木星、土星が星座をまたぐ時は、象徴的な出来事や社会的な動きが顕著になって現れやすいときでもあります。

風と火の要素が強いので、意図や目的がはっきりしている人は物事が大きく展開していきそうですが
出生ホロスコープで火星が強く出ている人は、怪我ややけど、喧嘩や事故に注意が必要です。
欲望が自分が欲しているものが何か、わかりやすい時期でもありますが、それ以上に現実化させるための「変容力」がものすごく大きい。
荒々しさも含んでいる変容力のため、イライラが爆発する方もいそうですが、溜め込んでいた怒りをこの時期に出すことは、のちに何かを邁進させる力に繋がりそうです。

 

Follow me!